SBCT関係論文翻訳
1999年10月AUSAの昼食会にて時の米陸軍参謀長エリック=シンセキ大将は演説を行った。陸軍の変革・再編・革新の道程標となる出来事であった。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
レイセオン、FCSの車両防御装置を受注
出典 UPI
URL http://www.upi.com/SecurityTerrorism/view.php?StoryID=20060425-104827-2876r
原題 Raytheon pact for FCS vehicle protection
筆者 UPI通信
日時 2006年4月25日
発信地 テキサス州MCKINNEY 4月25日(UPI)
内容
レイセオンは米国の将来戦闘体系の車両を防護する技術を開発する7000万ドルの契約を獲得。
・システムの詳細は不明だが、レーダーと高速の電算装置
センサー技術と精密対抗弾薬の組み合わせ
弾道ミサイル防衛システムと同様 などと描写されている。
・レイセオンはストライカー装甲車に搭載可能な小型ロケットの試験に成功している。このロケットは敵がRPGを撃つと自動で発射される。
・レイセオンは今月早くにAPS(active protection system)の開発者として選定された。 火曜にBAEシステムからの契約が発表され、3段階に同契約は分かれている。第一段階の契約金額は1千万ドル。
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
copyright © 2005 SBCT関係論文翻訳 all rights reserved.
Powered by FC2ブログ.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。