SBCT関係論文翻訳
1999年10月AUSAの昼食会にて時の米陸軍参謀長エリック=シンセキ大将は演説を行った。陸軍の変革・再編・革新の道程標となる出来事であった。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
米国内の軍基地警備の民間企業委託について
出典 CSM
URL http://www.csmonitor.com/2006/0427/p02s01-usmi.html
原題 Security at military bases: a job for private firms?
Miscues frustrate her plan to help Katrina survivors - and show need for reforms.
日時 2006年4月27日
筆者 Alexandra Marks | Staff writer of The Christian Science Monitor
他掲載媒体 不明
発信地 NEW YORK
内容
2003年以降議会が米国内の軍基地警備の民間委託を暫定的にみとめたことで現在陸軍の57施設で民間警備会社が警備をしている。うち46では単独随意契約(sole-source contract)である。
・GAOの今月出た報告書では二つの基地で犯罪歴ある者89名が警備員となっていると指摘されている。
・警備会社への契約形態が競争入札でないことからのコスト上昇と警備員の監督、訓練水準について懸念の声がある。
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
copyright © 2005 SBCT関係論文翻訳 all rights reserved.
Powered by FC2ブログ.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。