SBCT関係論文翻訳
1999年10月AUSAの昼食会にて時の米陸軍参謀長エリック=シンセキ大将は演説を行った。陸軍の変革・再編・革新の道程標となる出来事であった。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
モスルにて死傷者4名の続報
出典 fairbanks daily news miner
URL http://www.news-miner.com/Stories/0,1413,113~7244~3298848,00.html
原題 FOrt Wainwright soldier killed in Iraq
日時 2006年4月26日
筆者 CHRIS TALBOTT
他掲載媒体 不明
発信地 不明
内容
軍によると、フォートウェインライトの陸軍兵1名がイラクでパトロール中に路肩爆弾により戦死した。

兵は第172ストライカー戦闘団(the 172nd Stryker Combat Team)の一員であるが、氏名および所属は木曜の午後になるまで公表されない。

アラスカ米陸軍報道官Kirk Gohlke少佐(Maj.)によると、モスルで定期乗車パトロール中にストライカー装甲車の付近で路肩爆弾が炸裂し兵士が亡くなったとのこと。

近親者は既に告知されている。

この爆発で他に3名が負傷した。爆発が起きたのは午前12:05 ADT
(# ADT Atlantic Daylight Time
http://www.timeanddate.com/library/abbreviations/timezones/na/adt.html)
3名中2名は手当てを受けて任務に復帰した。もう1名はイラクの第47戦闘支援病院(the 47th Combat Support Hospital)へ治療のため後送されている。負傷の程度は深刻ではないとのこと。
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
copyright © 2005 SBCT関係論文翻訳 all rights reserved.
Powered by FC2ブログ.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。