SBCT関係論文翻訳
1999年10月AUSAの昼食会にて時の米陸軍参謀長エリック=シンセキ大将は演説を行った。陸軍の変革・再編・革新の道程標となる出来事であった。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Scales

出典 MR 2005 Jan Feb
原題  Urban Warfare:A Soldier’s View
筆者 Robert H. Scales合州国陸軍少将(退役)

内容 陸軍、海兵を通じて直接近接戦闘に従事する歩兵の数が
僅かであること、米軍の弱点は米兵の損害にあること、イラクの
重心はイラクの民心にあることを指摘。歩兵の都市戦闘において
今後努力を傾注すべき分野それぞれを考察。システム開発において
歩兵が直接関与する分野に一層資源を割り当てることを主張。
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
空軍警務隊
strategypageにて空軍の基地警備大隊
がイラクで車列護衛、基地警備をしていることがとりあげられていました。また歩兵に限らず、機甲、砲兵、対空砲兵などが歩兵と同様の任務についているので、パイロットの数と歩兵の数の比較については、さらに突っ込んだ議論(これらの練度などについて)を
多分探せると思います。
2005/02/28 (月) 13:43:48 | URL | 太郎 #-[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
copyright © 2005 SBCT関係論文翻訳 all rights reserved.
Powered by FC2ブログ.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。