SBCT関係論文翻訳
1999年10月AUSAの昼食会にて時の米陸軍参謀長エリック=シンセキ大将は演説を行った。陸軍の変革・再編・革新の道程標となる出来事であった。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ブレマートンにシーウルフ級攻撃原潜2隻移転する見込み
出典 kitsap sun
URL http://www1.kitsapsun.com/bsun/local/article/0,2403,BSUN_19088_4648698,00.html
原題 Seawolf Subs Will Move to Bremerton
Bremerton is currently the permanent home port only to USS John C. Stennis.
筆者 Elaine Helm
日時 2006年4月25日
発信地 BREMERTON
民主党Belfairの連邦下院議員Norm Dicksによると現在東海岸のコネチカット州Grotonにいるシーウルフ級攻撃原潜2隻USS SeawolfとUSS Connecticutが2007年夏に西海岸のワシントン州Naval Base KitsapのBremertonに移転するとのこと。
・これまではBremertonを母港としているのは空母ステニス(USS John C. Stennis)のみだった。2003年から2005年に高速戦闘支援艦4隻が退役し、現在はUSNS BridgeとUSNS Rainierが軍事海上輸送軍(Military Sealift Command)の下、乗員の大半が民間船員で留まるのみだった。
・近くのバンゴールには昨年おそくに3隻が到着し原潜11隻が母港としている。そのうち1隻はUSS Jimmy Carter(シーウルフ級3番艦で最終艦)
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
copyright © 2005 SBCT関係論文翻訳 all rights reserved.
Powered by FC2ブログ.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。