SBCT関係論文翻訳
1999年10月AUSAの昼食会にて時の米陸軍参謀長エリック=シンセキ大将は演説を行った。陸軍の変革・再編・革新の道程標となる出来事であった。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
戦死した兵の氏名公表される
出典 fairbanks daily news miner
URL http://www.news-miner.com/Stories/0,1413,113~7244~3300156,00.html
原題 Slain Stryker soldier named
日時 2006年4月28日
筆者 MARGARET FRIEDENAUER, Staff Writer
発信地 不明
内容 火曜にイラクで戦死したフォートウェインライト陸軍駐屯地の兵の氏名を陸軍が公表した。

木曜にアラスカ米陸軍が発表したところによると、
Raymond Henry 上等兵(Pfc.)カリフォルニア州Anaheim出身21歳はイラク時間で午後12:05分にモスルにて彼のストライカー装甲車付近で路肩爆弾の炸裂により戦死した。

その爆発で他に兵3名が負傷した。全員の負傷は深刻ではない。2名は治療を受けて任務へ復帰した。残る1名はイラク国内の第47戦闘支援病院(the 47th Combat Support Hospital)へ治療のため後送された。

陸軍は負傷のみの兵については氏名および個人情報を公開しない。

戦死したHenry上等兵と負傷した兵らがストライカー装甲車で乗車パトロール中に内乱者が爆弾を炸裂された。全員がモスルに展開している第172ストライカー旅団戦闘団第17歩兵連隊第1大隊に所属している。

the Orange County Registerの記事によると、HenryはRaymond HenryとWillieetta Robinson-Henryの唯一の子息。Santa Ana Collegeに在学中の2005年1月に消防士になれる機会が増えると考えて陸軍に入隊。2005年5月にフォートウェインライトに配属された。
Register紙にRobinson-Henryが語ったところでは、子息Henry上等兵は戦友愛があり仲間の兵らとのチームワークを大切にしていた。Western High Schoolでは抜きん出たバスケットボールの選手でsummer leagueでは子供のコーチを助けていた。

先週の最期となった電話での会話では、Robinson-Henryさんによると子息はイラクの基地で参加しているバスケットボールの試合と2月の休暇でラスベガスに行った旅行のことを話していた。

"短い人生だった、けれど充実した人生だった"とRobinson-Henryさん。

ストライカー旅団は2005年8月にイラクに派遣されこれまで兵14名が亡くなっている。Henry上等兵は今月に入って旅団で4人目の戦死者。North Poleに関わりのある兵がその他に一人今月早くに亡くなっている。
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
copyright © 2005 SBCT関係論文翻訳 all rights reserved.
Powered by FC2ブログ.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。