SBCT関係論文翻訳
1999年10月AUSAの昼食会にて時の米陸軍参謀長エリック=シンセキ大将は演説を行った。陸軍の変革・再編・革新の道程標となる出来事であった。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
米船舶、ポーランド軍装備をイラクへ輸送
出典 Stars and Stripes
URL http://www.estripes.com/article.asp?section=104&article=36825
原題 U.S. cargo ship makes delivery in Poland
日時 2006年4月29日
筆者 不明
他掲載媒体 欧州版
発信地 不明
内容
報道発表によると、軍事海上輸送軍(the U.S. Military Sealift Command)に属するMV Cape Decision(米国貨物船)がイラクのポーランド軍が使う戦闘装備を輸送するためポーランドに先週停泊した。
Cape Decisionは全長681フィートのRoRo船でポーランドのSzczecinにて49000平方フィート(square feet)の貨物を積み込んだ。貨物にはトラック(truck)160両以上、ヘリ6機、装甲車両(tank)数両、トレーラーおよびコンテナ100個以上の物資が含まれると欧州海上補給軍(Sealift Logistics Command Europe)の報道発表は伝える。

ポーランド軍はアフガニスタン及びイラクにて米国主導の連合軍に加わっている。2003年以来、米国船は43万平方フィート近く、これはフットボール場7個半に相当する、のポーランド軍の戦闘装備を運んだと報道発表は述べている。

アフガニスタンとイラクでの作戦開始以来、MSCは世界各地の軍の線と装備88,634,187平方フィート以上を輸送し、これはSUVでは932991両に相当し整列するとほぼ2800マイル、ニューヨークからロスアンゼルスまでの距離に相当する。また海上輸送軍の船舶が輸送した燃料は88億ガロンである。
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
copyright © 2005 SBCT関係論文翻訳 all rights reserved.
Powered by FC2ブログ.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。