SBCT関係論文翻訳
1999年10月AUSAの昼食会にて時の米陸軍参謀長エリック=シンセキ大将は演説を行った。陸軍の変革・再編・革新の道程標となる出来事であった。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
米陸軍、ドイツ国内の演習場での使用面積拡大を模索
出典 stars and stripes
URL http://www.estripes.com/article.asp?section=104&article=36972
原題 Army looking for room to let Strykers roam
日時 2006年5月6日
筆者 Seth Robson, Stars and Stripes
他掲載媒体 欧州版
発信地 ドイツ GRAFENWÖHR(#グラーフェンヴェーア)
内容 ドイツのAmbergにて開催されたSustainable Range Program Conference in Europeにおいて米側はストライカー装甲車が来月到着し、戦車とブラッドレーからSBCTや第173空挺旅団など歩兵中心の戦力向けへ演習場を改装する動きとあわせて演習場内での演習に用いられる地域の拡大を探った。
・記事中でストライカーの機動演習には40km×20kmが必要としている。
・The Integrated Training Areas Management programは年間予算500万ドル、100を超える計画を欧州の訓練地域で行っており、そのうち70は土地の回復(land rehabilitation)、例えば侵食抑止、訓練に使われていた地域の修繕などである。
・Grafenwöhrでは2006年に都市戦訓練場(urban assault course)が作られる(資金拠出済み) カメラと事後講評(after action review)施設を備えた家屋(shoot house)を備えている。
2008年には戦車射場(tank range)が狙撃手射場(sniper range)へ改装される。

・会議参加者
統合多国籍訓練軍司令官(Joint Multinational Training Command)David G. Perkins
統合訓練地域管理局長(Integrated Training Area Management)Nate Whelan
在欧州米陸軍射場及び訓練地計画管理長( USAREUR Range and Training Land Program manager) Steve Kennedy


陸軍省の訓練関係部局the Department of the Army's training section
在欧州米陸軍公共工事局 USAREUR's Department of Public Works
欧州訓練支援活動 Training and Support Activities Europe
統合訓練地域管理局 Integrated Training Area Management office
合州国陸軍工兵軍団 U.S. Army Corps of Engineers
ドイツ森林局 German Forest Service
環境技術者、建設技術者
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
copyright © 2005 SBCT関係論文翻訳 all rights reserved.
Powered by FC2ブログ.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。