SBCT関係論文翻訳
1999年10月AUSAの昼食会にて時の米陸軍参謀長エリック=シンセキ大将は演説を行った。陸軍の変革・再編・革新の道程標となる出来事であった。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
バスラで墜落した英軍ヘリの搭乗員氏名明らかにされる
出典 BBC
URL http://news.bbc.co.uk/2/hi/uk_news/4983578.stm
原題 Basra crash victims named by MoD
日時 2006年5月8日
筆者 不明
発信地 不明
内容
#画像注記訳
#1枚目
Sarah Mulvihill大尉(Flight Lieutenant)は飛行作戦将校(Flight Operations Officer)だった。

#2枚目
John Coxen中佐(Wing Commander)はイラクで戦死した兵の中で最も上級の士官である。

#記事中引用
これは内乱ではなく、犯罪、民兵、政治的権力の模索の混ぜ合わさったものである。  Johnny Bowren大佐(Col)
#注記訳終わり

土曜日にバスラのヘリ墜落で戦死した兵5名の中にはイラクで初めて亡くなった女性兵が含まれていた。

#以下全訳最後まで
墜落で亡くなったのは
Sarah Mulvihill大尉(Flt Lt)、John Coxen中佐(Wing Commander)、Darren Chapman少佐(Lt Commander)、David Dobson大尉(Captain)、Paul Collins二等兵(Marine)。

国防省は5名が行方不明、恐らくは亡くなったと発表している。

Coxen中佐は王立空軍Benson(Royal Air Force Benson)所属で、イラクで戦死した英軍士官では最上位である。

報道にあるように、撃墜されたかを突き止めるため英国の調査官がヘリの残骸を調べている。

Mulvihill大尉(32歳)も王立空軍Benson所属で、飛行作戦将校として勤務していた。

Chapman少佐は王立海軍で、Somerset州Yeoviltonに基地のある第847海軍航空隊(847 Naval Air Squadron)長であった。

少佐は40歳で既婚。子供が3人いる。

David Dobson大尉(#Lt)(27歳)は陸軍航空隊(the Army Air Corps)所属で、Yeobilton王立海軍航空基地(Royal Naval Air Station)に基地のある第847海軍航空隊でパイロットとして勤務していた。

Paul Collins二等海兵(21歳)は第847海軍航空隊でドアガナー(Air Door Gunner)として勤務していた。

同海兵の基地もYeoviltonであった。

一方、バスラのイラク当局は一連の緊張の高まる出来事に続いて関係が悪化していた後に、英国陸軍との協力を正式に再開することで合意した。

Basra知事(governor)Mohammed al-Waeliは土曜に数週間にわたって停止していた英側との治安協力を再開することを発表した。

この決定は、州側と英国外交官および陸軍士官との会合後になされたもの。英司令官らがイラクからの出口戦力は順調であるとほのめかす根拠となっている。

Tony Blair首相は月例記者会見(monthly news conference)で搭乗者の遺族へ弔意を伝えるとともに"我々の軍の英雄的精神、献身と職業意識"に敬意を表した。


現地の弔意(Local sympathy)

新任のDes Browne国防相は下院(the House of Commons)にてヘリ墜落について声明する予定である。

墜落後の騒擾の間、イラク警察は英軍を支援した。

兵らは明らかに慎重になっていたが、彼らはパトロールしていて地元のイラク人から沢山の同情をえたを、バスラのBBC軍事特派員(defence correspondent)Paul Woodは伝えている。

軽歩兵のJohnny Bowren大佐(Colは"これは内乱では無く、犯罪、民兵、政治権力の追求の混ぜ合わさったものであり、暴力を用いてイラクでは絶えず起きていることであってそれが再度起きたにすぎない"と語る。

"我々にここにいて欲しくない人々もいる、我々がここにいることで金を稼ぐ人々もいる、そして、ある組み合わせの人々、ごく僅かな少数者は我々を暴力で向かう"


弔意の言葉(Message of condolence)

住人と英軍との間では緊張が高まっている、これは最も近いところではイラク治安当局者数名が民兵に通じていた容疑で逮捕されたことが油を注いでいる。

イラク南部の都市ではヘリが再び飛び始めたが、攻撃により備えるため高速かつ低く飛んでいる。

土曜の墜落の原因は不明であるが、敵の攻撃が原因と確認されればこの地域で英国の軍用ヘリが撃墜された最初の例となる。

イラク大統領Jalal Talabaniは英国首相Tony Blairに弔意を伝え、撃墜とみられるこれは"英国人に対する憎むべき犯罪”と述べている。
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
copyright © 2005 SBCT関係論文翻訳 all rights reserved.
Powered by FC2ブログ.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。