SBCT関係論文翻訳
1999年10月AUSAの昼食会にて時の米陸軍参謀長エリック=シンセキ大将は演説を行った。陸軍の変革・再編・革新の道程標となる出来事であった。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
第1歩兵師団第2旅団のイラク派遣、間近となり保留される
出典 washington post
URL http://www.washingtonpost.com/wp-dyn/content/article/2006/05/08/AR2006050801342.html
原題 Iraq Deployment Delayed as Drawdown Is Studied
日時 2006年5月9日
筆者 Ann Scott Tyson、Washington Post Staff Writer
掲載紙面 A19
発信地 不明
内容
第1歩兵師団第2旅団(ドイツ Schweinfurt駐屯)はイラク派遣直前となり保留となった。これは現地司令官の撤退が可能かの見極めを待っている形。
・当初の出発予定は5月早くでイラクで活動開始は6月遅くから7月早くの予定だった。
・車両、装備の船積みも保留とされる予定。
・米軍の兵力は現在13万3千名。
・末尾で保留にする一方で派遣中の部隊が期間を終えて帰還すれば削減するのと同じと指摘している。
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
copyright © 2005 SBCT関係論文翻訳 all rights reserved.
Powered by FC2ブログ.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。