SBCT関係論文翻訳
1999年10月AUSAの昼食会にて時の米陸軍参謀長エリック=シンセキ大将は演説を行った。陸軍の変革・再編・革新の道程標となる出来事であった。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
心理戦と民生部隊の指揮を陸軍予備役に移管へ
出典 army times
URL http://www.armytimes.com/story.php?f=1-292925-1805329.php
原題 Reserve to take PsyOps, Civil Affairs commands
日時 2006年5月16日
筆者 Michelle Tan、Times staff writer
他掲載媒体 不明
発信地 不明
内容 全訳

陸軍特殊作戦軍(Army Special Operations Command)から陸軍予備役軍(Army Reserve Command)へ大半の民生(Civil affairs)と心理戦(psychological operations)部隊の指揮統制が移管されると当局がかように発表した。

陸軍民生および心理戦軍(the Army Civil Affairs and Psycological Operations Command)はノースカロライナ州フォートブラッグで5月23日に行われる式典で陸軍予備役軍の下に移管される。

現役の第95民生旅団(95th Civil Affairs Brigade (Provisional))と第4心理戦群(4th Psychological Operations Group)は特殊作戦軍に配された(assigned)ままで続く。

この移管は任務部隊指揮官(task force commander)により益となるとともに原屯地の運用(home station operation)を合理化して民生や心理作戦部隊により良い支援を供するためであると陸軍は述べる。
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
copyright © 2005 SBCT関係論文翻訳 all rights reserved.
Powered by FC2ブログ.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。