SBCT関係論文翻訳
1999年10月AUSAの昼食会にて時の米陸軍参謀長エリック=シンセキ大将は演説を行った。陸軍の変革・再編・革新の道程標となる出来事であった。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ヘイデン大将 CIA長官に就任
出典 army times
URL http://www.armytimes.com/story.php?f=1-292925-1838168.php
原題 Hayden sworn in as CIA chief
日時 2006年5月31日
筆者 Katherine Shrader、Associated Press
他掲載媒体 通信社電
発信地  不明
内容
議会での承認を受けてヘイデン空軍大将はCIA長官として宣誓し就任した。

#以下全訳
火曜に空軍大将Michael HaydenはCIA長官に就任の宣誓を行い、窮地にある官庁の職員に向かいCIA(Central Intelligence Agency)のCentralを保つには有能かつ協力的であらねばならぬと語りかけた。

#以下全訳最後まで
この行軍命令(marching orders)にも関わらず、Haydenは同庁に米国の情報作戦および分析において枢要でありつづけると請合った。

就任第一日目に、Haydenは職員らにCIAのみが各情報機関全体(intelligence community)をまとめる"紐帯(connective tissue)"であると話した。スポーツを例えに引くのを好む同氏は、CIAをアメリカンラグビーの花形選手になぞらえた。重要ではあるが協働せねばらなぬ全体の一員である。

CIA報道官Jennifer Millerwise Dyckによると、
Haydenは勤務者らに1時間内の演説をし、質問を受け付け、一同から起立しての拍手をうけた(standing ovation)。

かつてCIAは他の15の情報機関から抜きん出ていたが2004年の情報改革法(intellivence reform law)により国家安全保障局(the National Security Agency NSA)や国防情報局(Defense Intelligence Agency)といった他の機関と同格となった。

Dyck報道官によると、Hyden長官はCIAは"中央”たるには"有能”かつ”協力的”であらねばならぬと語った。Hayden大将のNSA局長の経歴があり、昨年は情報機関のNo.2であり、国家情報長官(National Intelligence Director)John Negroponteが宣誓就任に立ち会った。
水曜の二度目の大統領宣誓就任(presidential swearing-in)はヴァージニア州郊外のCIAにてGeorge W. Bush大統領が行う。

今月の指名公聴会(confirmation hearing)で、Hayden大将はCIAを伝統的なスパイ技術に集中させ同局の秘密活動における作戦要員の危険に報いたいと語った。また、同氏はCIA分析官に判断が不確実なときは明瞭にすることと鋭い評価を恐れないことを望んだ。

Hayden長官が直ちにどのような変更をするのかは明らかでない。彼は火曜に始めて指導層と会った。その後、CIAの食堂で昼食をとった。

Haydenは副長官にStephen Kappesを選任することを予定している。同氏は秘密活動に熟練しており前長官Porter Gossに親しい顧問(advisers)と常ならざる公然と衝突して退任していた。

Kappes氏はリビア指導者Moammar Gadhafiとの交渉で大きな役割を演じた。この交渉により同国は2003年12月、核生物化学兵器の放棄を講評するに至った。
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
copyright © 2005 SBCT関係論文翻訳 all rights reserved.
Powered by FC2ブログ.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。