SBCT関係論文翻訳
1999年10月AUSAの昼食会にて時の米陸軍参謀長エリック=シンセキ大将は演説を行った。陸軍の変革・再編・革新の道程標となる出来事であった。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
第172歩兵旅団の帰還先遣隊の帰国は6月20日以降
出典 fairbanks daily news miner
URL http://www.news-miner.com/Stories/0,1413,113~7244~3330471,00.html
原題 Soldiers' return delayed
日時 2006年6月14日(水曜日)
筆者 同紙staff
他掲載媒体 不明
発信地 不明
内容
第172ストライカー旅団戦闘団(the 172nd Stryker Brigade Combat Team)の帰還第一陣の帰国は6月20日へ延期。
・帰還先遣隊となるおよそ170名は火曜の遅くアイルソン空軍基地(Eielson Air Force Base)に到着しフォートウェインライトへバス輸送されて家族と再会の予定であった。
・本隊の帰還は7月遅くから8月早くに掛けて11陣に分かれて行われる予定。
・第172歩兵旅団は兵員数千名、大部分の兵らはフォートウェインライトに属するが中にはアンカレッジのフォートリチャードソンに属する者もいる。昨年8月にイラクへ派遣されモスルに駐留していた。
・第172歩兵旅団を引き継ぐのはワシントン州フォートルイスの第2歩兵師団第3旅団。イラク派遣が二度目となる同旅団の装備はイラクへの輸送途上にある。
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
copyright © 2005 SBCT関係論文翻訳 all rights reserved.
Powered by FC2ブログ.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。