SBCT関係論文翻訳
1999年10月AUSAの昼食会にて時の米陸軍参謀長エリック=シンセキ大将は演説を行った。陸軍の変革・再編・革新の道程標となる出来事であった。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2002年12月20日?の米陸軍戦死者
出典 DoD
URL http://www.defenselink.mil/releases/2002/b12212002_bt649-02.html
原題 DOD IDENTIFIES ARMY SOLDIER KILLED IN AFGHANISTAN
日時 2002年12月21日
筆者 DoD
内容
国防総省は昨日2002年12月20日にアフガニスタンで作戦中に亡くなった陸軍兵士を発表した。

Steven Checo軍曹(Sgt.) New York City出身 22歳。
ノースカロライナ州Fort Braggの第504歩兵連隊。
敵部隊から部隊が攻撃を受けて戦死。

国防長官次官(Assistant Secretary of Defense)Victoria Clarkeは"Checo軍曹の死は我が軍の男女らの日々の献身を想起せしめる"と語る。"彼の死、そして献身的な仕事はテロリスト、テロリストの組織網、テロリストを匿い支援する者を追い詰めんとする我らが決意をさらに強固とする"
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
copyright © 2005 SBCT関係論文翻訳 all rights reserved.
Powered by FC2ブログ.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。