SBCT関係論文翻訳
1999年10月AUSAの昼食会にて時の米陸軍参謀長エリック=シンセキ大将は演説を行った。陸軍の変革・再編・革新の道程標となる出来事であった。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2002年12月20日?の米軍戦死者
出典 VFW誌 2003年2月
原題 U.S. paratrooper KIA in Afghanistan - Steven Checo killed by enemy fire
筆者 Tim Dyhouse

アフガニスタンで米国兵士が昨年12月に亡くなった。これは昨年8月以来の米人の戦死である。

第82空挺師団第505空挺歩兵連隊 Steven CHeco軍曹(Sgt.)はアフガニスタン東部の町Shkinにて射撃戦(firefight)中に撃たれた。彼はその後、野戦病院(field hospital)で手術中に亡くなった。

Checo軍曹は22歳でニュージャージー州Elizabeth出身。the New York Timesによると"アフガニスタンにおける米軍および連合軍に対する最近の一連の攻撃でも最も激しい"(#戦闘)で負傷した。12月21日午前4時ごろ、7名から9名の武装した者がCheco軍曹のパトロールを待ち伏せした。パトロールの他の米兵(GI)は反撃したが、武装した者らはパキスタンへ逃げ込んだ。

攻撃を行った者やその集団は不明である。しかし、Paktika州のShkin周辺はal QaedaおよびTalibanの密入国経路が巡らされており、8月以来1200名の米軍空てい部隊が展開している主な理由でもある。
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
copyright © 2005 SBCT関係論文翻訳 all rights reserved.
Powered by FC2ブログ.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。