SBCT関係論文翻訳
1999年10月AUSAの昼食会にて時の米陸軍参謀長エリック=シンセキ大将は演説を行った。陸軍の変革・再編・革新の道程標となる出来事であった。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
さらにその前に別の契約2件
出典 DoD
URL http://www.defenselink.mil/Contracts/Contract.aspx?ContractID=3322
発表者 U.S. Department of Defense
Office of the Assistant Secretary of Defense (Public Affairs)
日時 2006年9月1日
他掲載媒体 不明
発信地 不明
内容
#1件目
ミシガン州Sterling HeightsにあるGM GDLS Defense Group L.L.C. (Joint Venture)は2006年8月25日に1億9408万3293ドルの固定報酬費用契約の一環で2500万ドルにて機動砲(the mobile gun system vehicle)および核生物化学偵察車両(nuclear biological chemical reconnaissance vehicle)の試験支援(test support)を行う注文(deivery order)を受けた。作業はミシガン州Sterling Heightsで80%、カナダのオンタリオ州Londonで20%が行われ、2007年10月31日までに完了予定である。拠出予算は現行会計年度末に失効しない。2000年4月6日にネット(World Wide Web)にて不特定数へ入札を求め、17件を受領した。ミシガン州Warrenにある合州国戦車車両武器開発本部(the U.S. Army Tank-Automotive and Armaments Command)が契約活動主体である (DAAE07-00-D-M051)。

#2件目
ミシガン州Sterling HeightにあるGM GDLS Defense Group L.L.C. (Joint Venture)は2006年8月26日に48億205万1639ドルの固定報酬費用契約の一環で1580万ドルにてストライカー装甲車への空調装置(the air conditioning kits)の引渡し注文を受けた。作業はワシントン州Auburnにて行われ、2008年3月31日までに完了予定である。拠出予算は現行会計年度末に失効しない。今回の契約は2006年4月20日に開始された単一調達先契約である。契約活動主体はミシガン州Warrenにある合州国戦車車両武器開発本部(DAAE07-00-D-M051)。
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
copyright © 2005 SBCT関係論文翻訳 all rights reserved.
Powered by FC2ブログ.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。