SBCT関係論文翻訳
1999年10月AUSAの昼食会にて時の米陸軍参謀長エリック=シンセキ大将は演説を行った。陸軍の変革・再編・革新の道程標となる出来事であった。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
トラック爆弾による戦死者氏名公表される
出典 DoD
URL http://www.defenselink.mil/Releases/Release.aspx?ReleaseID=9995
日時 2006年9月22日
原題 DoD Identifies Army Casualties
発表者 U.S. Department of Defense
Office of the Assistant Secretary of Defense (Public Affairs)
他掲載媒体 不明
発信地 不明
内容

国防総省は本日、イラクの自由作戦を遂行中に兵3名が戦死したことを発表した。これらの兵は9月14日にバグダッドにて、彼らがいたWest Baghdad Substationの近傍で車載仕掛け爆弾が炸裂してうけた負傷により亡くなったものである。

戦死した者の氏名は次の通り。

Aaron A. Smith軍曹(Sgt.) テキサス州Killeen出身 31歳。
ドイツBaumholder 第1機甲師団第2旅団第27砲兵連隊第4大隊に所属。

Jennifer M. Hartman軍曹 ペンシルヴァニア州New Ringgold出身 21歳。
テキサス州Fort Hood 第4歩兵師団第1旅団第4支援大隊に所属。

Marcus A. Cain伍長(Cpl.) ルイジアナ州Crowley出身 20歳。
テキサス州Fort Hood 第4歩兵師団第1旅団第4支援大隊に所属。

Hartman軍曹とCain伍長についてのさらなる情報については
報道関係者は第4歩兵師団広報に連絡下さい。

Smith軍曹についての質問がある報道関係者は第1機甲師団広報部へ
連絡下さい。
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
copyright © 2005 SBCT関係論文翻訳 all rights reserved.
Powered by FC2ブログ.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。