SBCT関係論文翻訳
1999年10月AUSAの昼食会にて時の米陸軍参謀長エリック=シンセキ大将は演説を行った。陸軍の変革・再編・革新の道程標となる出来事であった。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
イラク領内でのイラン作戦要員に対する殺害許可の報道
出典 washington post
URL http://www.washingtonpost.com/wp-dyn/content/article/2007/01/25/AR2007012502199.html
原題 Troops Authorized to Kill Iranian Operatives in Iraq
Administration Strategy Stirs Concern Among Some Officials
筆者 Dafna Linzer、Washington Post Staff Writer
取材協力
Staff writer Barton Gellman
staff researcher Julie Tate
日時 2007年1月26日
掲載紙面 A01面
発信地 不明
内容 それまでの拘束し釈放する方針から、拘束か殺害へ昨年秋遅くに切り替えたとのこと。狙いとしてはイランへの核開発に対する警告を強硬的な姿勢で示すことでイラン側の態度軟化を促すとのこと。
しかしヘイデンCIA長官はイラン側が同様の方針をイラクやアフガンでとる可能性を検討するよう進言したと記事は伝える。
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
copyright © 2005 SBCT関係論文翻訳 all rights reserved.
Powered by FC2ブログ.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。