SBCT関係論文翻訳
1999年10月AUSAの昼食会にて時の米陸軍参謀長エリック=シンセキ大将は演説を行った。陸軍の変革・再編・革新の道程標となる出来事であった。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
第10山岳師団第3旅団、アフガン駐留期間延長へ
出典 DoD
URL http://www.defenselink.mil/Releases/Release.aspx?ReleaseID=10441
原題 DoD Announces Afghanistan Force Adjustment
日時 2007年1月25日
筆者 国防長官次官補官房(広報担当)
発信地 ワシントン
内容
第10山岳師団第3旅団のアフガン駐留期間が最大120日間延長される。
ISAFで最大の部隊派遣国は米国であり続ける。
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
第82空挺師団の1個旅団の展開とあわせて
第82空挺師団の本部が第10山岳師団の本部を引き継ぎCJTF-76の指揮を執る。また、同空挺師団の1個旅団が展開することから実質1個旅団の増派となる。
2007/01/29 (月) 17:19:49 | URL | SBCT太郎 #-[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
copyright © 2005 SBCT関係論文翻訳 all rights reserved.
Powered by FC2ブログ.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。