SBCT関係論文翻訳
1999年10月AUSAの昼食会にて時の米陸軍参謀長エリック=シンセキ大将は演説を行った。陸軍の変革・再編・革新の道程標となる出来事であった。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
第316兵站集団、イラク派遣へ
出典 army times
URL http://www.armytimes.com/news/2007/01/apnewunit070126/
原題 Unique Army supply unit in the works
日時 2007年1月27日
筆者 The Associated Press
発信地 ペンシルヴァニア州CORAOPOLIS
他掲載媒体 不明
内容 以下全訳

今夏、様々な能力のある新たな陸軍部隊がイラクへと向かう。陸軍によると同部隊はPittsburgh近くにて一から設立されたとのことである。

この部隊、第316兵站集団はCoraopolisにある陸軍予備役第99地域訓練集団(99th Regional Readiness Command)本部を本拠とする予定である。

同部隊は人員250名で陸軍のみならず軍種を跨いで補給できる、と同部隊の指揮をとるGreg Couch大佐(Col.)は語る。同部隊は兵員2000名から3000名の旅団に対して食糧、弾薬、車両その他必需品を給することが可能である。

第316兵站集団は今後の同様な部隊のモデルとなると見込まれている。
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
アンバル州は海兵隊と陸軍の部隊が混在していることが伝えられているので恐らくはアンバル州に展開している第Ⅰ海兵遠征軍の下でラマディやファルージャにて活動するんじゃないでしょうか。
2007/02/02 (金) 00:59:35 | URL | SBCT太郎 #-[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
copyright © 2005 SBCT関係論文翻訳 all rights reserved.
Powered by FC2ブログ.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。