SBCT関係論文翻訳
1999年10月AUSAの昼食会にて時の米陸軍参謀長エリック=シンセキ大将は演説を行った。陸軍の変革・再編・革新の道程標となる出来事であった。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
米国、アフガニスタン軍へ装備を供与
出典 NY times
URL http://www.nytimes.com/aponline/world/AP-Afghan-US-Arms-Delivery.html
原題 U.S. Donates Vehicles and Arms to Afghan Army
筆者 THE ASSOCIATED PRESS
日時  February 1, 2007、Filed at 6:14 a.m. ET
発信地 アフガニスタンPUL-E CHARKHI
他掲載媒体 通信社電
内容 要約
・合州国はアフガン国軍にハマーを含む装甲車両やトラック計800両、武器1万2千丁以上を供与。
・カブール郊外の広大な軍事基地で開催された供与式典にはカルザイ大統領も参列。
・Robert Durbin少将(Maj. Gen.)が式典で演説。
.式典会場では200両以上のハマー、トラック、その他装甲車両と武器の見本が展示された。その他靴下、下着、手袋も供与される。
・ブッシュ大統領は先週、アフガンの治安部隊建設のため議会に106億ドルの予算を要請。2001年の侵攻以来既に142億ドルの援助を米国はアフガンに供与している。
・アフガン軍は現在4万名。2008年末には当初見込みより2年遅れで7万名規模となる予定。
・昨年、内乱勢力は記録的な回数の攻撃を仕掛けており、4000名(その多くは内乱勢力の戦士)が死亡。
・春になると峠の雪が溶けて移動が容易となるため内乱勢力の攻撃が増加するのが常である。
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
アフガニスタンアフガニスタン・イスラム共和国(アフガニスタン・イスラムきょうわこく)、通称アフガニスタンは、西アジアの内陸に位置する多民族国家。首都はカブール。17世紀にパシュトゥーン人が開いたドゥッラーニー朝をもとに形成された国家であるが、パシュトゥーン
2007/07/29(日) 06:08:46 | 『世界の国々』
copyright © 2005 SBCT関係論文翻訳 all rights reserved.
Powered by FC2ブログ.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。