SBCT関係論文翻訳
1999年10月AUSAの昼食会にて時の米陸軍参謀長エリック=シンセキ大将は演説を行った。陸軍の変革・再編・革新の道程標となる出来事であった。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
カナダのレオパルド1戦車、ISAFでアフガンに
出典 edmonton sun com
URL http://www.edmontonsun.com/News/World/2007/04/03/3906491.html
原題 Leopald tanks may be pulled,
Blistering Afghan summer hard on crews
日時 2007年4月3日
筆者 CP
発信地 アフガニスタン カンダハル
内容 以下全訳

#画像注記訳
2006年12月20日、Ma Sum Ghar前方作戦基地にてCharles中隊のレオパルド1戦車(Leopard C2)が夜明けと出発命令を待っている。
(Cpt. Edward Stewart, DND)
#終わり

 カナダは今夏、アフガニスタンで使用しているレオパルド1戦車17両を酷暑ゆえに引き上げざるをえなくなる可能性がある。

 陸軍司令官Andrew Leslie中将(Lt.-Gen.)は8月にもなれば戦車の車内は摂氏65度にも達することとなると述べた。

 Leslie中将は酷暑のせいで兵を損なうつもりはないと話している。

 別の手立てとしては一日の涼しい時間帯でのみレオパルド戦車を用いることである。

 陸軍では冷却する方法をいくつか検討しているが、Leslie中将は最善の手立ては新たな、最新の戦車だと話す。

 同中将によると、今月遅くにはStephen Harper首相(Prime Minister)はレオパルド1戦車の今後について決断をする見込みとのことである。
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
copyright © 2005 SBCT関係論文翻訳 all rights reserved.
Powered by FC2ブログ.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。