SBCT関係論文翻訳
1999年10月AUSAの昼食会にて時の米陸軍参謀長エリック=シンセキ大将は演説を行った。陸軍の変革・再編・革新の道程標となる出来事であった。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
英国暗号解読・傍受機関職員の不審死について英警視庁の発表
Update: Investigation into death of Gareth Williams
http://cms.met.police.uk/news/appeals/update_investigation_into_death_of_gareth_williams
・2010年8月11日に、予め計画していた米国での休暇から帰国
・同8月14日・15日、ロンドンの商業地区で店舗に入る姿が撮影されている
(監視カメラの撮影画像を調べた結果、判明)
・同僚が10日以上出勤してこないので警察に通報
・8月23日、Flat 4, 36 Alderney Street, Pimlico, SW1 の自宅アパートの浴室で遺体が
鍵を掛けられたバッグの中から発見される 遺体は腐敗が進んでいた


Gareth Williams
30才、アングルシー島Holyhead出身 中学時代に大学並みの勉強をはじめ、17才のときBangor University
から数学で優等で卒業
2000年にはケンブリッジ大学St Catharine'sカレッジで数学修士を修得

GCHQ(http://www.gchq.gov.uk/、米NSAに相当)からリクルートされて職員となっており、死亡時点ではMI6本部へ
1年間の出向が終わる直前だった

1 September 2010 Last updated at 11:28 GMT
Body of MI6 worker Gareth Williams 'locked in bag’
http://www.bbc.co.uk/news/uk-england-11152467
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
copyright © 2005 SBCT関係論文翻訳 all rights reserved.
Powered by FC2ブログ.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。