SBCT関係論文翻訳
1999年10月AUSAの昼食会にて時の米陸軍参謀長エリック=シンセキ大将は演説を行った。陸軍の変革・再編・革新の道程標となる出来事であった。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
核武装したイランを受け入れるよう政策転換という投稿
U.S., allies should accept a nuclear-armed Iran
By Robert F. Dorr - Special to Air Force Times

Robert F. Dorr is an Air Force veteran and a retired U.S. diplomat. Zenith Press will publish his book “Mission to Berlin” in March.

11月2日の米中間選挙で保守派が大きく伸びた場合、イスラエルがイランに対し先制攻撃する可能性は高いとワシントンで観測されているが、そうなれば米空軍も巻き込まれることになると憂慮している。

確かにイランはイラクに容喙し、1996年のコバール米軍宿舎爆破事件への関与も疑わしい。だが、イランは近代国家であり、米国との関係改善を歓迎する若年層も存在している。

米国はイランの核武装を受け入れ、他国にも同様の姿勢をとるよう勧めるべきである。核を所有すれば行動もあらたまるだろうし、そもそもイランの核開発は分散され、地下化されており、完全に破壊するのは不可能だ。

イスラエルを支持しようという者は多いが、声としてまとまっているわけではない。イスラエルに対して米国は巨額の援助をしている。たとえば、イスラエルはF-35を30機購入するが米国の納税者の懐からその300億ドルは出ている。

オバマ大統領は公然と、かつ内々にもイランを攻撃しないと言明すべきだ。また、米当局はイスラエルに引き下がるよう求めるべきだ。

スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
copyright © 2005 SBCT関係論文翻訳 all rights reserved.
Powered by FC2ブログ.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。