SBCT関係論文翻訳
1999年10月AUSAの昼食会にて時の米陸軍参謀長エリック=シンセキ大将は演説を行った。陸軍の変革・再編・革新の道程標となる出来事であった。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Safiエアウェイズの機内誌の編集方針などについてインタビュー
09/10/2010
The Honest In-Flight Magazine
'There Aren't Any Mines There Anymore'
Interview by Ole Reißmann

Safiエアウェイズの機内誌は麻薬中毒者や闘犬などをとりあげる異色の編集方針なので
編集長Christian Marksにシュピーゲルがインタビューしている
・乗客は観光客でなく、アフガンで働く外交官、援助関係者、警備会社の者などが多いので、アフガンについて
偽る必要無し
・カブールで働く外国人向けのホテル、食事情報などもあり。また医療については無料で紹介していることもあり
・広告収入は順調でメールで出稿依頼が向こうから来る 返信が遅れていると値引きはいらぬと重ねて連絡が来る
・他の危険地域に問われて、計画はないとしつつも、たとえばバグダッドについても取材したいとは述べている

Christian Marks
・ミュンヘン出身 2005年に世銀の事業でラジオ番組作成に同僚らと携わる 3ヶ月の仕事だったがアフガンに魅せられて滞在を伸ばし、ここ2年間は家族と一緒にカブールに住んでいる
・写真集のところに顔写真あり

・アフガニスタンでは闘犬が盛んで、夕方には大人が二人がかりで連れて散歩している
・ダルラーマン宮は破壊されているが見ることは可能で、敷地内に地雷無し、1920年代に床暖房を導入した近代的な建物でもある

Safiエアウェイズのサイトにて閲覧可
http://safi-airways.com/pdf
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
copyright © 2005 SBCT関係論文翻訳 all rights reserved.
Powered by FC2ブログ.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。