SBCT関係論文翻訳
1999年10月AUSAの昼食会にて時の米陸軍参謀長エリック=シンセキ大将は演説を行った。陸軍の変革・再編・革新の道程標となる出来事であった。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2-8 FAとイラク軍 30名を拘束
出典 Army Times
URL http://www.armytimes.com/story.php?f=1-292925-812728.php
原題 Troops detain 30 in raid on Iraqi village
筆者 Alex Neill
日時 2005年4月28日

内容
・モスル南のTall Abtahにて第8砲兵連隊第2大隊、
C/113工兵中隊、
D/52対戦車中隊の2個小隊(原文ではD/52歩兵連隊の2個小隊)、
イラク軍の107大隊(大隊長である中佐が記事中に登場)
米兵175名 イラク兵550名 合計725名以上(原文ママ)
が町を包囲。アパッチヘリが支援 F-16 2機が上空を
過ぎったとのこと。
・同町に車爆弾製造者がいるとの情報があった。
・モスルからは90分の道のり。(#夜間?)外出禁止令のため道路
は空いていた。
・イラク軍の大隊長がモスクの礼拝を呼びかける放送で
住民に命令を伝えた後、情報提供が示した家および
ランダムに選んだ家を捜索。30名を拘束。うち24名の手から
最近火薬を扱った痕跡が見つかる。が、情報にあった氏名、特徴と
一致した者はいなかった。
・村に入ってから8時間、午後1時を少し過ぎた頃に引き上げた。
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
2-8FA
記事ではD/52歩兵の2個小隊がストライカー装備として紹介されています。たぶん、これはD/52対戦車中隊のことだと思います。2-8FAはM198 155mm牽引式榴弾砲を装備した大隊でstryker brigade newsの写真を見る限り、元来の装備としてはストライカー装甲車を持っていないようです。
2005/04/29 (金) 04:26:47 | URL | 太郎 #-[ 編集]
Mounted Warrior
GMがヘルメットマウント式の情報システムの契約を受注。

#NOMADはどうなるのかちょっと気に
なりますが。IIRでは不十分な点も指摘されつつも長距離の行軍では役に立つとしていたような。
2005/04/29 (金) 04:28:18 | URL | 太郎 #-[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
copyright © 2005 SBCT関係論文翻訳 all rights reserved.
Powered by FC2ブログ.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。