SBCT関係論文翻訳
1999年10月AUSAの昼食会にて時の米陸軍参謀長エリック=シンセキ大将は演説を行った。陸軍の変革・再編・革新の道程標となる出来事であった。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
次期長距離爆撃機は必要、と米空軍参謀総長
Schwartz: Air Force needs new long-range bomber
By John Reed - Staff writer
Posted : Tuesday Sep 14, 2010 16:24:25 EDT
NATIONAL HARBOR, Md.
http://www.airforcetimes.com/news/2010/09/defense-schwartz-air-force-new-bomber-091410/
低コスト、柔軟な兵器体系の一環で非対称環境における精密攻撃から、厳重に防御された空域での全面爆撃までこなせる侵攻爆撃機
・2009年にゲイツ国防長官が次世代爆撃機をキャンセルしてから空軍高官が公に次期爆撃機を兵器体系の核心だと発言するのははじめて
・単機で目標捕捉、電子戦、爆撃、戦果評価をするような機体ではなく、他の兵器と組み合わせて使われる

また、エアシーバトル構想を兵器調達から戦術戦技手順の開発にいたるまで組織に取り込むよう求める
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
copyright © 2005 SBCT関係論文翻訳 all rights reserved.
Powered by FC2ブログ.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。