SBCT関係論文翻訳
1999年10月AUSAの昼食会にて時の米陸軍参謀長エリック=シンセキ大将は演説を行った。陸軍の変革・再編・革新の道程標となる出来事であった。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
米陸軍第2歩兵師団第5旅団の兵にアフガン民間人殺害容疑について
Face of Evil
http://charliesimpsonswar.wordpress.com/2010/09/19/face-of-evi/
同旅団長について、permissive, savage command climateを醸成する雰囲気があったと
2009年に同旅団と関わった筆者が書いている。

Soldiers killing civilians for fun
Posted By Thomas E. Ricks Monday, September 20, 2010 - 9:28 AM
http://ricks.foreignpolicy.com/posts/2010/09/20/soldiers_killing_civilians_for_fun
にて知る

#これまでの報道では、一味の首謀とされる下士官が2009年末に駐留中の部隊に赴任してきてから
使嗾したのがきっかけで、2010年1月から5月までの間に少なくとも3件の殺人容疑、このほか、
大麻とアルコールの摂取の問題があり、また、告発した兵を集団で殴打暴行したという容疑などが
あること、また関与した兵から打ち明けられた父親が当局に通報するも動かなかったことなどが
伝えられていたが、旅団トップの統率に問題があるという見方は初めて。

#旅団は2010年夏にアフガンからフォートルイスに帰還後、第5旅団から第2旅団へ部隊名称を変更
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
copyright © 2005 SBCT関係論文翻訳 all rights reserved.
Powered by FC2ブログ.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。