SBCT関係論文翻訳
1999年10月AUSAの昼食会にて時の米陸軍参謀長エリック=シンセキ大将は演説を行った。陸軍の変革・再編・革新の道程標となる出来事であった。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
イスラエル国防軍、歩兵大隊改編の検討を終える
IDF seeks to make infantry units more lethal
By YAAKOV KATZ
09/20/2010 03:28

歩兵大隊は三単位制(列線中隊3個)を維持
・各中隊に武器小隊を設け重機関銃とオールテラインビークルを支給
狙撃、爆破専門家の専門家を配置

検討に着手したのは2009年のガザ地区侵攻作戦(Operation Cast Lead)の後、歩兵部隊にガザやレバノン南部の村落などの都市地形での対テロ作戦むけの武器が導入されたことで最適な編制を探る必要が生じたことによる
・命じたのはイスラエル国防軍参謀総長Gabi Ashkenazi中将

近年導入された武器の例
・HTR2000大口径狙撃銃:射程1000m超、夜間暗視装置を照準スコープに装着可能
メーカーは米国のH-S Precisionで全歩兵大隊に支給されつつあり、各大隊の狙撃隊の能力を劇的に向上

・Polarisオールテラインビークル:敵前線をこえて物資を輸送可能
二座席、物資700kgか負傷者少なくとも1名を搬送可能、最大速度は時速80km近くに達する
大隊に複数両を支給する予定

また、各大隊は専門の戦闘工兵部隊(Yahalom)などによらずとも独自にドア、壁などを爆破する能力を有するようになっている

さらに、各大隊は兵を偽装の専門訓練課程に送り込んでおり、これらの兵は作戦において大隊の偽装を担任する

このほか、Matador肩打ち式ロケットもガザ地区での対ハマス作戦で導入された
・家屋やその他に設けられたハマスの陣地を破壊するために使われており
タンデム弾頭で、対強化陣地モードと、その他の構体モードがある
・家屋内を破壊せずに壁に穴をあけることができる


#以下にて知る
http://blog.livedoor.jp/abu_mustafa/archives/2989806.html
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
copyright © 2005 SBCT関係論文翻訳 all rights reserved.
Powered by FC2ブログ.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。