SBCT関係論文翻訳
1999年10月AUSAの昼食会にて時の米陸軍参謀長エリック=シンセキ大将は演説を行った。陸軍の変革・再編・革新の道程標となる出来事であった。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
米陸軍に旅団戦闘団を見直しの動き
Army Program Whacks Coming
By Colin Clark Thursday, September 23rd, 2010 11:32 am
http://www.dodbuzz.com/2010/09/23/army-program-whacks-coming/
米陸軍副参謀総長Peter Chiarelli大将は記者との懇談会でJohn McHugh陸軍長官が命じた検討作業は陸軍の建制にも及び、現行のモジュラー編制にも及ぶと語る
・またMRAP、M-ATV、ハンビー、JTLVとある戦術装輪車両にもメスが入る見通し
・モジュラー編制は師団ほど効率的でなく、調整をみている
・精密誘導弾薬でも見直しあり、兵器を脅威と対応としてみるのではなく、軍種をこえた統合戦力の中で位置づける必要あり
・通常砲弾なら600ドル、精密誘導弾砲弾なら10万ドルから30万ドル
・建制にまで今回の見直しが及ぶとなれば、人員規模にまで変化がありえる
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
otjzoWJLDknFG
2011/06/30 (木) 10:15:04 | URL | ypnwxw #opv2cC3A[ 編集]
cLLUiyiQIDBkMZE
2011/06/30 (木) 13:24:19 | URL | ohdbzt #ML2lJ5.I[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
copyright © 2005 SBCT関係論文翻訳 all rights reserved.
Powered by FC2ブログ.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。