SBCT関係論文翻訳
1999年10月AUSAの昼食会にて時の米陸軍参謀長エリック=シンセキ大将は演説を行った。陸軍の変革・再編・革新の道程標となる出来事であった。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
8月、アルガンダブ地区での米陸軍従軍牧師戦死はMRAP搭乗中
5 Carson troops killed in August were in MRAP
The Associated Press
Posted : Friday Sep 24, 2010 13:41:55 EDT
FORT CARSON, Colo.

September 01, 2010
DOD Identifies Army Casualties
http://www.defense.gov/releases/release.aspx?releaseid=13851
2010年8月30日、アフガニスタン南部カンダハル州アルガンダブ河流域にて
米陸軍第4歩兵師団第1旅団の兵4名と、第71爆発物処理群の兵1名が仕掛け爆弾により戦死

フォートカーソン司令官David G. Perkins少将が報道陣との席で明かしたところによると、全員が同じMRAPに乗っていて亡くなった
・武装勢力はMRAPの投入以来、仕掛け爆弾を大型化
・アフガニスタンの指揮官らはこの事件を調査し、手順を変更すべきか検討
・Elizabeth Robbins陸軍中佐がAP通信にメールで回答したところでは、この種の報告は一般には公開されぬ
・MRAPには数種類あるが、どの型であるかは不明

戦死者
第4歩兵師団第1旅団
・Dale A Goetz大尉(43才、サウスダコタ州White) 第66機甲連隊第1大隊
・Jesse Infante二等軍曹(30才、テキサス州Cypress) 第4旅団支援大隊
・J. Kessler二等軍曹(32才、オハイオ州Canton) 第4旅団支援大隊
・Chad D. Clements上等兵(26才、インディアナ州Huntington) 第4旅団支援大隊

第71爆発物処理群
・Matthew J. West二等軍曹(36才、ウィスコンシン州Conover)
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
copyright © 2005 SBCT関係論文翻訳 all rights reserved.
Powered by FC2ブログ.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。