SBCT関係論文翻訳
1999年10月AUSAの昼食会にて時の米陸軍参謀長エリック=シンセキ大将は演説を行った。陸軍の変革・再編・革新の道程標となる出来事であった。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2011年7月の撤退開始期限で変化あり?
Mixed messages from Obama, Petraeus on Afghanistan pullout
President Obama has called for an Afghanistan exit strategy with no 'wiggle room' and a July 2011 troop withdrawal. General David Petraeus, commander of US forces in Afghanistan, has been less firm on the date.
By Anna Mulrine, Staff writer / September 23, 2010
Washington
http://www.csmonitor.com/USA/Military/2010/0923/Mixed-messages-from-Obama-Petraeus-on-Afghanistan-pullout

オバマ大統領が増派戦略策定時に求めた撤退期限の明示についてワシントン・ポストのボブ・ウッドワードが新刊”Obama's War"を出すのを機会にペトレアス大将は解釈の余地を元々求め、兵として大統領が財政・政治・外交の見地から定めたことを受け入れるという立場を示しつつも、旅団長などは委譲などを検討開始する時期だと発言したり、NATO事務総長は”委譲による配当”(アフガン側へ委譲したことで浮いた部隊を他へ転用)を語るなどしており、オバマ大統領自身の発言でも修正しつつあるとみている
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
copyright © 2005 SBCT関係論文翻訳 all rights reserved.
Powered by FC2ブログ.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。