SBCT関係論文翻訳
1999年10月AUSAの昼食会にて時の米陸軍参謀長エリック=シンセキ大将は演説を行った。陸軍の変革・再編・革新の道程標となる出来事であった。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
米陸軍に疲弊の兆し?
FEATURES Dark Hour
By Katherine McIntire Peters
Government Executive
October 1, 2010

Tom E. Ricksのブログにて知る。破断に至っているかは不明なれど兵員規模が派遣規模に比べて過少であるため
様々な問題が生じていると1971年からの米陸軍立て直しを経験したRobert Scalesはみている

陸軍内の自殺者対策を振り出しに各種薬物(処方薬を含む)乱用、過度の飲酒、危険運転や重大犯罪などは
何度も戦地派遣を経験した者ではなく、一度も派遣されていないか一度きりしか派遣されていない者がむしろ多いという話が出てくる

#abumuqawanaでもアフガン戦争は国益に引き合わぬ戦いという見方がとられるようになってきている

スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
copyright © 2005 SBCT関係論文翻訳 all rights reserved.
Powered by FC2ブログ.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。