SBCT関係論文翻訳
1999年10月AUSAの昼食会にて時の米陸軍参謀長エリック=シンセキ大将は演説を行った。陸軍の変革・再編・革新の道程標となる出来事であった。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
アフガンで航空攻撃活発化
Gloves Come Off Afghan Air War; Strikes Spike 172%
By Noah Shachtman October 12, 2010 | 10:15 am
http://www.wired.com/dangerroom/2010/10/gloves-come-off-afghan-air-war-strikes-spike-172/

http://www.wired.com/images_blogs/dangerroom/2010/10/30-September-2010-Airpower-Stats.pdf

空中投下などは既に2006年以来最大となっている。航空攻撃回数については2008年6月の984回がpdfで最大
これに対して2010年9月は700回

#航空攻撃回数には特にアフガンにおける戦闘の季節と都市ゲリラの季節の交代がよく現れていると思う。
毎年、6月から9月は航空攻撃が活発で2月に最低値を記録している。

記事はマクリスタルからペトレアスに交代し、対地直接協力の交戦規定の解釈を現地指揮官がさらに厳格化するのを禁じられたことなどが反映しているとみている。

この他、マクリスタルが兵站の負荷を削減するためアフガン国内の主要基地からファーストフード店舗を撤退させようとしていたがペトレアスは再び営業を認める姿勢へ戻したことなども報じられている。
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
copyright © 2005 SBCT関係論文翻訳 all rights reserved.
Powered by FC2ブログ.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。