SBCT関係論文翻訳
1999年10月AUSAの昼食会にて時の米陸軍参謀長エリック=シンセキ大将は演説を行った。陸軍の変革・再編・革新の道程標となる出来事であった。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ハワイスーパーフェリーの2隻を米政府落札
U.S. buys more high-speed vessels
By CHRISTOPHER P. CAVAS - Staff writer
Posted : Wednesday Oct 13, 2010 18:33:49 EDT
http://www.navytimes.com/news/2010/10/defense-navy-purchases-ferrier-101310/

ハワイスーパーフェリー(レーガン政権時の海軍長官John Lehmanがトップ)が発注し
オースタルUSAがアラバマ州Mobileで建造

仕様 373フィート長、速度30ノット超、乗客8百名 車両甲板面積2万5千平方フィート

Alakai号
・2007年半ばにハワイ諸島に到着。オアフ島とマウイ島を結ぶ便として就航するもまもなく地元住民からの訴訟により休止
・2009年、Mobileに戻り係留される

Huakai号
・2009年に完工するもスーパーフェリーは運航再開の努力をとりやめており引き渡されることなし

両号とも2009年7月に放棄され、U.S. Marshalsが押収、同年半ばにノーフォークへ移動
・Huakai号は2010年のハイチ大震災救援でスーパーフェリーの塗装のままで人道支援物資輸送に用いられている

2010年9月30日付でバージニア州東地区地裁により競売され、米政府が落札
・他に入札者がいたかは不明
・落札価格は報道によると1隻につき2500万ドル、この他連邦政府は両船の建造に1億5千万ドルの債務を保証している
・政府は用途を明らかにしていないが米海軍で使用されるものとみられる
・2009年4月6日の2010会計年度国防予算発表の記者会見でゲイツ国防長官は戦域間輸送能力を拡大するためJHSVの引渡しが2011年に始まるまでの間、チャーターを2隻から4隻へと増やすと発言。増える2隻はスーパーフェリーのをさすとみられる

オースタルUSAは2010年10月12日付けで、JHSVフォーティチュード級4番艦(米海軍)と5番艦(米陸軍)の契約2億460万ドルを受けている
・引渡しは2013年の予定

LCS(高速コルベット)ではLCS-2インディペンデンスを建造、2010年1月に就役
・現在はLCS-4コロナドを建造中
・ロッキードマーチンとLCSでは竸っており、12月半ばにいずれの建造案が採用されるか発表される予定

#LCSとEFVについては、国防予算縮減でナタを振るわれる対象になるのではという話がネット上にあり
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
copyright © 2005 SBCT関係論文翻訳 all rights reserved.
Powered by FC2ブログ.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。