SBCT関係論文翻訳
1999年10月AUSAの昼食会にて時の米陸軍参謀長エリック=シンセキ大将は演説を行った。陸軍の変革・再編・革新の道程標となる出来事であった。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
チェイニー前副大統領の誤射事件被害者
Since Dick Cheney shot him, Harry Whittington's aim has been to move on
Nearly five years after then Vice President Dick Cheney shot fellow hunter and attorney Harry M. Whittington, several details about the shooting remain murky. Several others -- widely reported at the time -- appear to be incorrect.
By Paul Farhi
Washington Post Staff Writer
Thursday, October 14, 2010
AUSTIN
2006年2月の午後遅く日没後、うずら撃ちの最中にチェイニー前副大統領に誤射されたテキサス州の弁護士Harry M. Whittington(82歳)に取材
・職業は弁護士だが法廷訴訟は扱わず、資産取引・ガス田や油田リースなどで財を成す
・熱心な共和党支持者で州刑務所委員として刑務所改革を推し進めたことあり
・これまで報道されてきたのと異なり、チェイニー前副大統領の旧友ではなく一緒に猟をするのは初めてだった
・誤射事件後は誕生日の祝いを贈りあうことはあるが、直接会ったのは2年前が最後

誤射の状況は副大統領が小高いところに立ち、落ちた獲物を右手の方で弁護士が探していたところ、うずらが飛び立ち、副大統領は下方へ向けて発砲。弁護士の右側面(顔面、首、胴体)に散弾二百発程度が当る
・幸い頚動脈はそれるも、コーパスクリスティーの病院で集中治療をうけている
・専門家によると、発砲前に筒先に鳥以外がないことの確認、鳥が空を背景にしてから発砲の原則を破っている
・当時、副大統領が飲酒していたか、また安全グラスの下に自身の眼鏡を着用していたかは不明

現在も州に5日間、自身の法律事務所に出て仕事している
・今も前額、眼窩、首筋、心臓近くなど各所に散弾三十発が埋もれたまま
・ジムの共同オーナーでもあり、熱心に通っている
・事件後も数回、猟をしたものの以前ほど熱意はない
・副大統領から個人的に謝罪があったかについては、しばし黙り語気鋭くそれには触れぬとのみ答える
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
JKDPqmsfkval
2011/06/30 (木) 11:36:06 | URL | svrmedbqsw #.iCdg2cE[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
copyright © 2005 SBCT関係論文翻訳 all rights reserved.
Powered by FC2ブログ.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。