SBCT関係論文翻訳
1999年10月AUSAの昼食会にて時の米陸軍参謀長エリック=シンセキ大将は演説を行った。陸軍の変革・再編・革新の道程標となる出来事であった。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
3ASOS ストライカー5両を受領
出典 ジュノーエンパイア
URL
http://www.juneauempire.com/stories/050405/sta_20050504008.shtml
原題 Stryker brigade off to train, deployment
筆者 AP
日時 2005年5月4日
内容
・107名の兵がフォートポーク目指してC-130で午前11時45分頃
アイメルソン基地から出発(フォートウェインライト基地報道官)
・木曜にフォートポークでの式典で第3航空支援運用大隊は
空地間の調整のために通信装置が増強されたストライカー5両を受領する。
・3ASOSはイラクに172SBCTとともに展開する。
現在は50名ほどだが130名まで増えると掌軍曹(master sergent)。
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
細かい点は違いますが
↓の記事と細かい点は違いますが
air force timesでも3ASOSがストライカー装甲車を受領することは数量不明ながら記事になっています。
・TAC用に特に派生型があるのか、砲兵観測車型(火力支援型)かは不明。
2005/05/06 (金) 04:23:11 | URL | 太郎 #-[ 編集]
さらに記事が
こちらは↓の記事と同一の筆者で
飛行機はC-130で出発する人数は160名となっています。書かれた日時は5月3日。つまり↓の記事の一日前です。


#これから考えるに飛行機は757が正しいみたいです。また↓の記事には写真もついてます。

#この記事中の掌軍曹は陸軍の報道官です。
2005/05/06 (金) 04:28:06 | URL | 太郎 #-[ 編集]
TcsvVghCXcijKbRAb
2011/06/30 (木) 11:36:49 | URL | uqdtrmcdky #lehjwHBs[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
copyright © 2005 SBCT関係論文翻訳 all rights reserved.
Powered by FC2ブログ.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。