SBCT関係論文翻訳
1999年10月AUSAの昼食会にて時の米陸軍参謀長エリック=シンセキ大将は演説を行った。陸軍の変革・再編・革新の道程標となる出来事であった。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
アフガン民間人殺害容疑の特技兵に上官、戦友ら擁護の声
http://defendmichaelwagnon.com/letters-from-soldiers/

TNT
Family skeptical of charges in Afghan deaths
Soldiers who fought in Iraq alongside Spc. Michael Wagnon don’t recognize their friend when they read reports of his alleged role in a plot to kill civilians while deployed in Afghanistan this year with a Joint Base Lewis-McChord Stryker brigade.
ADAM ASHTON; STAFF WRITER
Published: 10/17/1012:05 am | Updated: 10/17/10 1:35 pm

Michael Wagnon特技兵(30才)はアフガン民間人を射殺した容疑が掛けられているが、妻の立ち上げた支援サイトに
かつてイラク派遣当時の中隊長2名をはじめ、戦友の軍曹や退役者などから同特技兵を弁護する手紙が多数掲載されている
・ブラッドレー歩兵戦闘車の操縦に優れ、隊の新兵の面倒を見、与えられた任務は監督されずともこなし、大人の判断ができ、高い倫理の主といった証言が揃っている
・軍歴について軍は公開していないが、証言によると少なくとも2回イラクに派遣されている
・証言者は第1歩兵師団第2旅団第26歩兵連隊第1大隊A中隊(ドイツ駐屯)のかつての上官と戦友、その家族
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
copyright © 2005 SBCT関係論文翻訳 all rights reserved.
Powered by FC2ブログ.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。