SBCT関係論文翻訳
1999年10月AUSAの昼食会にて時の米陸軍参謀長エリック=シンセキ大将は演説を行った。陸軍の変革・再編・革新の道程標となる出来事であった。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
エイモス大将、第35代海兵隊司令官に就任
Amos takes command of the Corps
By Gina Cavallaro - Staff writer
Posted : Sunday Oct 24, 2010 10:22:43 EDT
http://www.marinecorpstimes.com/news/2010/10/marine-commandant-amos-conway-102210w/
2010年10月22日午前、ワシントン海兵兵舎(Marine Barracks Washington)にてコンウェイ大将からエイモス大将へ引き継がれる
・エイモスは航空搭乗員畑から初の司令官、コンウェイは歩兵出身
・副海兵司令官(assistant Commandant)が司令官に登るのは過去三十年ほどで二人目

http://www.youtube.com/watch?v=htO1owkLKjg
エイモス将軍の上院軍事委員会指名公聴会での証言を伝える短信

#スティーブン・ハンターのスワガーサーガでもこの兵舎は登場しているはず
時代背景はベトナム戦争末期で反戦運動が盛んな時期に設定されていた

# http:Fwww.usmc.mil は相変わらず閲覧できず

コンウェイ大将退役とエイモス大将就任に際してゲイツ国防長官の演説
Commandant of the Marine Corps Passage of Command
As Delivered by Secretary of Defense Robert M. Gates, Marine Corps Barracks, Washington, DC, Friday, October 22, 2010
http://www.defense.gov/speeches/speech.aspx?speechid=1514
Dodbuzzでは以下の二箇所に注目していたと思う。

As the Marines look to the future, I’ve challenged them to think hard about their role after spending the past eight years fighting as a so-called second land army. They need to preserve both their maritime soul and the hard-won counterinsurgency skills they’ve developed during this past decade.

He will, I’m confident, find the right balance between what is needed to win the wars we’re in while ensuring Marines remain the expeditionary force in readiness for the 21st century.

海洋から行動する魂と対内乱技能の維持の両立、遠征戦力と現在行われている戦争とのバランスを求めている。

#そういえば、今年日本にきて日米安保に基づいて基地の提供と極東安全への関与を説いたスタルダー中将も海兵航空搭乗員出身だったと思う。wikiによると2010年9月2日をもって下番し退役、後任の名は書かれていない。
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
copyright © 2005 SBCT関係論文翻訳 all rights reserved.
Powered by FC2ブログ.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。