SBCT関係論文翻訳
1999年10月AUSAの昼食会にて時の米陸軍参謀長エリック=シンセキ大将は演説を行った。陸軍の変革・再編・革新の道程標となる出来事であった。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
オサマ・ビンラディン宛の公開書簡
An open letter to Osama bin Laden
BY NOMAN BENOTMAN Friday, September 10, 2010 - 3:33 PM
http://afpak.foreignpolicy.com/posts/2010/09/10/an_open_letter_to_osama_bin_laden

Libyan Islamic Fighting Groupをかつて率い、現在はロンドンのシンクタンク・Quilliam Foundationにて
シニアアナリストである著者によるオサマ・ビンラディン宛の公開書簡

Noman Benotman
http://www.quilliamfoundation.org/noman-benotman.html
1967年、リビア生まれ
80年代なかば、Sayyid Qutbの著作を読みイスラム過激思想に染まる
89年、アフガンにゆきソ連に対する聖戦に加わりホスト、ガルデズなどで戦闘
ソ連撤退後、カダフィ大佐を放逐しイスラム国家をリビアに樹立する目的でLibyan Islamic Fighting Groupを設立
1994年、スーダンにゆきオサマ・ビンラディン、アイマン・ザワヒリらアルカイダ要人と親交を結ぶ
1995年、ロンドンに居住し当初はAbu QatadaやAbu Musab al-Suriらの過激派指導者とともに過激派運動に携わる
その後、次第にイスラム過激主義から距離をおくようになる

Londonistan
http://en.wikipedia.org/wiki/Londonistan:_How_Britain_is_Creating_a_Terror_State_Within
イギリスにおけるイスラム過激主義の拡大を扱った著作らしい
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
copyright © 2005 SBCT関係論文翻訳 all rights reserved.
Powered by FC2ブログ.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。