SBCT関係論文翻訳
1999年10月AUSAの昼食会にて時の米陸軍参謀長エリック=シンセキ大将は演説を行った。陸軍の変革・再編・革新の道程標となる出来事であった。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
イラク南部ウムカスル港に、日本の船が車両848台を積んで入港
Umm Qasr receives Japanese ship carrying 848 vehicles
November 14, 2010 - 07:58:15
BASRA/ Aswat al-Iraq
http://en.aswataliraq.info/?p=138941
2010年11月14日、イラク南部バスラ州ウムカスル港に車両848台を積んだ日本の船が入港したとIraqi Port Companyが発表

バスラに商用港は6箇所、石油積み出し港は2箇所あり
・al-Maaqal 1916年に英軍が築き1937年にイラク側へ移管
・Abdullah port
・Faw ファオ半島のシャトルアラブ水道付近に所在
・Umm Qasr 1970年代に築造
・Khour al-Zubeir
・Abu Fallous(1974年に築造) シャトルアラブ水道沿い

バスラ州
・石油精製所あり、生産量は1日あたりおおよそ14万バレル
・肥沃な農業地帯で、主要作物はコメ、トウモロコシ、オオムギ、小麦、トウジンビエ、ナツメヤシ、畜産

バスラ市
市内を運河が縦横に流れ、中東のベネチアと呼ばれる
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
copyright © 2005 SBCT関係論文翻訳 all rights reserved.
Powered by FC2ブログ.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。