SBCT関係論文翻訳
1999年10月AUSAの昼食会にて時の米陸軍参謀長エリック=シンセキ大将は演説を行った。陸軍の変革・再編・革新の道程標となる出来事であった。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
米海兵隊、アフガンに戦車の詳報
Corps to deploy M1A1 tanks to Afghanistan
By Dan Lamothe - Staff writer
Posted : Saturday Nov 20, 2010 10:21:46 EST
http://www.marinecorpstimes.com/news/2010/11/marine-afghanistan-tanks-111910w/
1個中隊およそ15両を派遣
・2010年12月半ばにアフガンに派遣され、2011年早春には運用開始
・まずはヘルマンド州北部(サンギンやカジャキなどの激戦地あり)にて使われる
・州のそのほかの地域でも用いられる可能性は否定されず

アフガニスタンの海兵隊報道官は戦車主砲のみならず、搭載の視察装置による監視能力を強調
・4マイル以上も先で爆弾を仕掛けている者を監視可能
・M-ATVやMRAPなど装輪では行動不能な地域でも行動可能
・ヘルマンド川沿いの居住地域の周囲には広大な砂漠が広がっており、これらを武装勢力は戦士・武器・資金・麻薬を
運び込むのに使っている
・戦車は装軌ゆえ迅速に部隊を機動させこのようなルートを閉塞し、武装勢力を装輪では機動不可能な地域で抑止・撹乱・追撃できる

Richard Mills海兵隊少将の11月19日付けの声明
・精確で威力ある兵器であり、アフガン住民を盾につかう敵に対しても大変有効
・視察装置は敵から夜を奪う手立てとなる、敵は暗闇に乗じて爆弾を仕掛けられなくなる
・ヘルマンド州からパキスタンに流れ込む麻薬や、戦士・物資・武器がパキスタンから流れ込むのを阻止するのに
役立つ

記事では派遣される可能性のある部隊として第2戦車大隊B中隊をあげる
・この中隊は2010年春にカリフォルニア州トウエンティナインパームズでEnhanced Mojave Viper派遣前訓練を受けたが実際には派遣されていない

ワシントンポストによると20009年12月にも米海兵隊は戦車の派遣を要請したが退けられている
・ペトレアス大将は2010年10月に今回の派遣を了承

これまでにも戦車は対内乱戦闘で用いられている
・海兵隊はイラクで歩兵の巡察に戦車を組み込み、建造物の壁に穴を開けたり、遠距離視察能力を役立てていた

戦車は重量68トン、路外では時速30マイル、路上では時速40マイルで走行可能

#戦車中隊1個というのは各報道で共通している模様だが、具体的な車両数は区々
1個中隊は米陸軍でも海兵隊でも同じはず(フォートノックスに海兵隊の教官チームがいて一緒に訓練)だけど
予備扱いの車両を何両持っていくかで話が違ってくるのかもしれぬし、一ダースという言葉がひょっとして元々は
使われていたのかも知れぬ。
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
BoWTXoncXsuVrKCvTG
2011/06/30 (木) 11:27:54 | URL | renkoebp #gKg5c6gk[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
copyright © 2005 SBCT関係論文翻訳 all rights reserved.
Powered by FC2ブログ.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。