SBCT関係論文翻訳
1999年10月AUSAの昼食会にて時の米陸軍参謀長エリック=シンセキ大将は演説を行った。陸軍の変革・再編・革新の道程標となる出来事であった。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
http://www.nytimes.com/2010/11/19/world/asia/19karachi.html
Karachi Turns Deadly Amid Pakistan’s Rivalries
By JANE PERLEZ
Zia Ur Rehman contributed reporting.
Published: November 18, 2010
KARACHI, Pakistan
パキスタンの大都市カラチ(人口1800万)で民族対立が激化、2010年これまでで政治殺人で1350名以上が亡くなる

Human Rights Commission of Pakistanによると2010年に政治殺人1350名が殺害されている
・これはパキスタン国内全体でのテロによる犠牲者数を上回っている
・民族政党と関係ある犯罪集団が縄張り争いで殺人を繰り返している

対立している民族政党:
M.Q.M(Muttahida Qaumi Movement)
Mohajir人の民族政党
・暴力行為と深いつながりあり
・1992年に陸軍がカラチに投じられて4年にわたり拷問と殺害を行ったと非難されている
・2年におよぶ陸軍の”占領”で数千名が亡くなったとのこと
・MQMは世俗的な装いのため、米政権から支持を受けてきた

A.N.P.(Awami National Party)
パシュトン人の民族政党


背景
もともと1947年にインドとパキスタンが分裂したときにインドを去ったMohajirs(ウルドゥ語を話す)が主流だったが、北部の部族地域からアラビア海に面したカラチへとパシュトン人が戦争を逃れて多数スラムに流入し、民族バランスが変化。現在ではパシュトン人は500万に達しているものの政治に反映されておらず不満が高まっている

カラチでは過激勢力は隠れひそみ、勧誘、資金獲得などをもっぱらとしており、爆弾などで攻撃するのは稀
・先週の警察本部に対する自爆攻撃は例外的であり、過激派がカラチ市内で政府施設を攻撃したのははじめて

2010年8月にMQM党幹部が葬儀の場で射殺されたのをきっかけに、その後の争いで百名以上が殺害された

陸軍は政党から介入し平和を回復するよう求められたが断っている

2010年10月の州議会補欠選挙(議員が殺害されて空席が生じたため)では三十名以上が殺害された
・パキスタン政権与党でシンド州(カラチが所在)を基盤と自認しているPPP(パキスタン人民党)と関連ある平和委員会のメンバーらがバイクに乗って屋外市場を襲撃、Mohajir人商店主12名を射殺
・平和委員会の報道担当Zafar Balochによると、数時間後にBaluch人7名が殺害されており、報復とみられる

Amber Alibhai, the secretary general of Citizens for a Better Environment
・政府が目覚めねば、カラチでボスニアのような民族浄化がおきかねない。止められる者はいない。警察も軍も止められない
・主だった政党は武装ギャングを使い公共地を占有(comandeer)し、選挙区割りを有利にしようとしている
・政党が支持を広げ財政を潤すため土地を占有していると非難
・昨年、公園を守ろうとして運動員が一人亡くなっている


カラチはパキスタン経済のエンジンであり、石油化学プラント・製鉄所・広告代理店・ハイテクベンチャーなどが立地しており、パキスタン全体に悪影響を及ぼしかねない

The Newsに寄稿する政治専門家Farrukh Saleem
・上海やムンバイ(# ボンベイ)では法と秩序が政治指導で保たれているが、カラチには欠けている
・人口比からすればパシュトン人は州議会で25議席獲得できるはず

PPP議員のAbdul Qadir Patelは議会委員会報告書を作成
警察組織は人員不足で場合によっては見ぬふりをしている
・報告書によると1996年以降で603名の警官が殺害され 2010年だけで33名が殺されている
・1992年のMQMに対する軍による弾圧への報復として警察幹部が殺害されていると報告は指摘
・問題はカラチ市や州議会でパシュトン人を代表する勢力がないこと
・ギャングや政党運動員の間での利害対立と衝突が暴力の原因

カラチ市内の178選挙区のうちパシュトン人が選出されているのは4つのみ
・シンド州議会では全168議席のうちパシュトン人政党であるANPの議席はわずか2

カラチの元市長(2005年から2010年)でMQM党員Syed Mustafa Kamal
・パシュトン人殺害にMQMの関与を否定
・パシュトン人地域に水を引いた業績あるが、カラチはMohajir人の正当な故郷と話す
・パシュトン人はタリバンを匿い、テロ攻撃を煽っている

Mohajir人の多いGulshen Town
ホテル従業員組合委員長のNoorullah Achakzaiによれば
・トラック運転手らに戸外のテーブルで羊のあぶり肉などを給仕するパシュトン人ウェイターが殺人の標的となっている
・カラチで2010年に殺害された戸外ウェイターは52名

Abdul Rehman(35才)
・4月に友人と昼食をとっていたら、バイクに乗った男性6名が撃ってきた
・Abdulと友人はそれぞれ1発ずつ撃たれ、周囲の者は逃げ出した
・友人は亡くなる
・Abdulは腹に大きな傷跡が残っている
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
copyright © 2005 SBCT関係論文翻訳 all rights reserved.
Powered by FC2ブログ.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。